So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハイブリットかガソリンか [車]

ハイブリットかガソリンか。

今のところのざっくりとした印象では、
シエンタならハイブリット、フリードならガソリンを選ぼうかな~って感じです。

何故なら、私的にもともとハイブリット不要派な中、トヨタのハイブリットだけはなんだかいいんじゃないかというイメージがあるためです。シエンタのガソリン版がいまいち(らしい)ということもありますが。

ハイブリッド不要な理由は、高価なこと、元を取れるほどの燃費差が無いこと、年間1万キロも乗らないこと、長期的に見てメンテナンス費用がかかりそうなこと、ハイブリッド自体が発展途上な感じがすることなど。
無題2.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フリード モデューロXに興味津々 [車]

まだディーラーには一度も行ったことはないが、近いうちに一度行ってみようと思っていて、現在はネットで情報収集中。

ちなみに、これまで5台乗り継いできた車、全て中古車なため、新車でぃーらーとやらに行くのは、少し緊張します。


そんな中、フリードにモデューロXというグレードがあるという情報をゲット。

色々なオプションが付いていて、エアロやホイールなんかもかっこいいし。
いいなー。

〇専用フォグライト
〇ETC2.0
◎専用ブラック&モカ コンビシート
〇インパネミドルエリア
〇専用本革巻きステアリングホイール
◎専用フロアカーペット
◎専用フロントグリル、フロントエアロバンパー、フロントビームライト、ドアミラー、リアエアロスカート、
△専用リアエンブレム
△専用サスペンション
◎専用15インチアルミホイール

〇9インチプレミアムインターナビ
◎ドライブレコーダー

という感じで、正直目玉の専用サスペンションなんてのは特に欲しいわけでも無く、見た目がいいなーというところです。
走りがいいに越したことはないのですが、何となくこういうたぐいのものは、メンテナンスに金がかかるイメージがあるためです。

それにしてもかなり高いですね。
通常モデルにオプションを追加していくのと、どっちがどのくらい高いか今度ディーラーで比較してみようと思います。

こういったのに対抗するシエンタの新バージョンが発売されたりしないかなーという、期待と願望もあります。
無題2.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホンダの納車センターってのがすごいらしい [車]

新車購入に向けて、トヨタシエンタかホンダフリードかって悩みながらHPを見ているとこんな情報が。

ホンダカーズ大阪には納車センターってのがあって、それがユニバーサル・スタジオ・ジャパンの中にあるというびっくりなもの!

記念写真とスタジオパス4枚と駐車場無料と、記念品までもらえるとのこと。

大阪では、ホンダカーズ大阪とホンダカーズ北大阪があるみたいだけれども、大阪の方だけなのかな?

しかし、結局これが車両価格に上乗せ(または値引き額の減少)されているのなら意味はないのですが。
ただ、交渉していく中で頭の片隅に置いておく要素の一つだなとは思いました。
無題2.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

私好みなカメラのデザイン傾向 [カメラ]

今所有するカメラについて、かなりデザイン的に個人的な趣味趣向が出ているなーと感じています。
性能なんてだいたい今時どれも悪い訳がないし、デザインで選んだ方が楽しいですよね。

ニコンのDfのブラックは、フルサイズ(FX)センサーのレンズ交換式一眼レフ
富士フイルムのX100Tのシルバーは、APS-Cセンサーの単焦点コンデジ
パナソニックのLUMIX DMC-TX1のブラックは、1インチセンサーの高倍率ズームコンデジ
222.jpg
並べてみると風情が似通っていますね。
こういったのが好きなんだというのが分かってもらえるでしょうか?

こだわりは、ファインダーが付いていることですかね。TX1のは使い物にならない小ささだし、このくらいのコンパクトカメラには、ファインダーは不要だと思います。
ニコンと富士フイルムはOVFであることがこだわり。EVFの不自然な見え方には慣れないためです。

ちなみに、DfとTX1は黒で、X100Tはシルバーな理由は、その色がそのカメラにとって一番かっこよく見えると自分で思ったためです。
本当はシルバーが欲しいんですが、シルバーが本当に似合うボディは富士フイルムにしか無かったんです。下手すると安っぽく見えやすいのがシルバーだと思います。
いやオリンパスのシルバーはかっこいいかな?サイズ的にちょうどいいのかも。ボディが大きくなるほどシルバーはもっさく見えがちなので。
黒は無難にかっこいい。そんな感じで。

いずれ出るニコンのフルサイズミラーレス、レトロなデザインで出るかもなんて噂もちらほら。
ファインダーがEVFなところが、不安要素ですが。今まで、まともまEVFの機種に出会ったことが無いので、それらを一気に飛び越えるものをニコンがいきなり出せるとも思えず。ただ、そこにはニコンだからこそこだわってほしい。
期待して待ってみますが、どうせ高くてしばらくは買えないんでしょうけど。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Dfをプチ改造 [カメラ]

Dfをプチ改造。

なにかというと、シャッターボタンを取り付けただけなんですが。
111.jpg
先日記載した通り、X100Tにもシャッターボタンを取り付けたんですが、思いのほか好感触でして...見た目に期待して購入したんですが、なかなかどうして、操作性も格段にアップするといういい誤算!
両レトロカメラ風デザインのシャッターボタンは、そのままだと正直言って、通常の一眼レフのシャッターボタンより押しにくいというか、しっかり押し込まないといけない印象でした。
それが、このパーツを取り付けるだけで、軽いシャッター動作だけでシャッターが切れるようになるんですね。

今回は操作性向上のついでに、見た目もよくなったといったところです。
おすすめです。

ただし、落下紛失にご注意。
シャッターボタンが電源と一体なので、電源のオンオフの時に、ねじを回してしまいがちです。
頻繁に締め直しをする必要がありますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

富士フイルムX100Tをいぢってみた [カメラ]

X100T

めっちゃ気に入っています。(特に見た目)

そんな中、お安くちょっと色々いぢって見ました。
①シャッターボタン
  F-Foto(エフフォト) ソフトレリーズシャッターボタン 1,000円くらい
  →定番の改造。
   確かにボタンが押しやすくなります。
   ただ、いつか無くしそう。
   赤がいい感じのアクセントに。

②ソフトケース
  HAKUBA(ハクバ) カメラケース ピクスギア スリムフィット 0.96L M ブラック SPG-SF-CCMBK 600円くらい
  →レンズフードを付けてぎりぎり(付けなければちょうど)。
   ストラップを首からかけながら、収納できるのがとても便利。
   レンズキャップを収納するポケットもあります。
   何より安い!!

③レンズフード
  FUJIFILM(富士フイルム) レンズフード LH-X100 1,000円くらい(中古)
  →屋外で撮影した際に、フレア気味になったため急いで購入。

④レンズフィルター
  marumi(マルミ) EXUS LENS PROTECT 49mm 1,000円くらい(中古)
  →レンズには必ずEXUSが私の基本です。

⑤レンズキャップ
  富士フイルム 49mm 500円くらい(中古)
  →標準のキャップは使いづらいので、普通のに変えました。

⑥ストラップ
  アルティザン&アーティスト イージースライダー 25mm ACAM-E25 (だいぶん前に購入したため値段は忘れた)
  →ストラップはイージースライダーが私の基本です。

⑦アクセサリーシューカバー
  ニコン アクセサリーシューカバー BS-1 (Dfのものを流用)
  →標準で付いてなかったので、手元にあったのを付けました。他に何も付ける予定もないので。ちなみにDfは頻繁にスピードライトを装着するので付けていません。

うんうん、使い勝手もよくなって、見た目もよくなっていい感じです。
222.jpg

あとは、サムレストと、ボディーケースでも物色してみようかな?
フードについては、ドームフード、フジツボフードもちょっと気になります。
いやはやX100シリーズはこういった楽しみ方もできるんですよね◎

444.jpg
余談ですが、①と②を同時にamazonで注文した際、次の日に別梱包で2個に分けて届けられました。送料無料の商品2個で1,600円のものを、こういう配送していて、どうやって儲けを出しているのか、とても疑問に感じました。そりゃヤマトも疲弊するよなとも。(どちらもamazonの発送で、両方ヤマトでした。)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

室内発表会に脚立役に立つ [カメラ]

子供の発表会とかのビデオ撮影って、なかなか難しいです。

一番前の真ん中の席を確保しても、ビデオ撮影には向きません。近すぎて全体が写らないからです。ましてよくある4Kカメラはクロップされたるので広角が弱く向いていません。(目で見る分には最高ですよ)

だからといって、後列に立つと、前の人の頭が映り込んでしまいます。

といった悩みを一発解決、一躍躍り出てくるのが、
「一番後ろで脚立に立つ」です!

こうすれば前の人の影にもならず、さらに全体が満遍なく写せます。

ただし、注意点も。
①脚立を使ってもいいかどうか。TPO。駄目とうい決まり、雰囲気があれば辞めましょう。
②恥ずかしい。周りの目が少し気になります。周りの人は私をカメラマンと思ったのではなかろうか。うちの幼稚園(私立)は、あまり親が撮影にがっついていません。運動会や発表会でも、一眼レフにはキットレンズ、ビデオカメラは小型のやつって感じで。何らな1/3くらいはスマホ?って感じで、私が一番本格的な装備という感じです。70-200mm f/2.8なんてレンズを付けていった日にゃ、すごい眼差しで周囲から見られること請け合いです。とてもとても、、、現実的では無いレンズの選択だと思います。
③周りに気を使うこと。委託カメラマンの邪魔にならないようにする。最後方の壁際に陣取って、極力他のビデオの邪魔にならないように。
④出来るだけコンパクトな脚立にしよう。大きな物は設置場所を取り周りに迷惑だし、なにより重い。それに50cmくらいの高さがあれば、十分に撮影出来ます。薄く折り畳めて軽いやつがお勧めです。
⑤自立式一脚か一脚を使う。長い劇の間、カメラを手だけで支えるのはかなりきついです。普通にしてても手ブレはしますので、一脚は必須だと感じます。普通は三脚ですが、脚立の上に立てる必要があるため、ここでは(自立式)一脚なのです。
11.jpg
22.jpg
今回幼稚園最後の室内(幼稚園の中くらいの広さのホール)発表会のためにホームセンター(2~3千円)で急遽購入し、初めて持ちこみました。同じ幼稚園の友人の親に、脚立があった方がいいよとアドバイスをもらったためです。
始まるまでは、周りの目も気になるし(脚立使用者が殆どいなかった)、大げさかな、辞めとけばよかったとも思いましたが、いやはや終わってみれば、あってよかったの一言。
大事な大事な息子の晴れ舞台をばっちり残すことが出来ました。
ちなみに、70-200mm f/4Gの焦点距離もこの位置からならちょうどよかったです。

今度は運動会でも使ってみようかな?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

35mmはX100Tに任せることにした [カメラ]

(前回からの続き)
Ai AF Nikkor 35mm f/2Dを所有しながら、Ai AF Nikkor 28mm f/2.8Dを物色している理由について。


私の最も使いやすいと思う焦点距離、それは35mm。

今まで35mmについては、AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDやAi AF Nikkor 35mm f/2Dなどを転々としながらも、割とヘビーローテーションで使ってきました。

しかし、この度、大きな変化を付けてみました。

それは、35mm単焦点の、富士フイルムのX100Tへの置き換えというものです。


X100T、それは所謂レンズ固定式のコンデジです。
ただ、OVFを持ち、APS-Cという一眼レフばりのセンサーサイズを持っています。
何より、ずっと前からあこがれていたデザイン。シルバーのレンジファインダー風デザインが最高です。Dfにも通ずるものを感じます。以前からずっと欲しくてたまりませんでした。

X100シリーズは、昨年X100Fが発売され、X100Tは1世代前のモデルとなっています。(平成30年3月現在)
しかし、このシリーズとしては、3世代目ということで、なかなかに熟成されたカメラかなと思います。
そして値段も手ごろなところに落ち着いてきたため、念願の購入をすることができました。
正直なところ、X100Fは高価すぎるし、X100Sは、液晶がひどくてちょっと無理でした。
333.jpg
このことにより、35mm f/2Dを手放すこととなったわけです。(ここで冒頭につながります。)

正直なところ、写りだけで言えば、X100TはDFと同等だと感じています。(高感度とかAF速度とかは違いますが)JPEGだけでいけば上ですね。

ともあれこれで、
Ai AF Nikkor 18mm F2.8D
35mm f2(23mm f2:富士フイルムX100T)
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007:タムロン)
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

25‐250mm f2.8-5.9(LUMIX DMC-TX1:パナソニック)
となりました。

ここに、一眼レフ用レンズの穴埋めとして、Ai AF Nikkor 28mm f/2.8Dが入るとちょうどいいかな~とか考えています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

単焦点レンズに求めること [カメラ]

突然ですが、色々考えた末、単焦点レンズには次の点を求めることとし、その方針に沿ったレンズラインナップに再構築することとしました。(再構築ばっかりですが)

その求める要素とは、

「軽いこと」「コンパクトなこと」

具体的にいうと、重さ400g以下かつ長さ60mm以下。

理由は、やはりメインはズームレンズとなる
ことは仕方が無い。なので、それに合わせ持ち歩くには、小型軽量であることが重要です。何より携帯していることが大事であると。単焦点1本では撮影がたちいかないことは現実ですので。

Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFの重さ大きさは、単焦点レンズと考えるときついなと感じてしまいました。私はスタジオ撮影ではないので、軽快であることは、大きなメリットにつながると考えました。とてもいいレンズだったので、未練もありますが...2回購入したくらいに。

なお、Gシリーズではなく、Dシリーズばかりを選んでいるのは、より小型でありながら必要十分な性能を未だ持っているためです。Dfにも合いますし。

ということで、Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF(550g、72.5mm)は手放して、Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D(380g、58.5mm)に置き換えることに決め、とりあえず手放しました。
222.jpg
所有のズームレンズが、すべて600gオーバーなので、この軽快さは格別に感じます。

24-70mm f2.8<825g、108.5mm>
と85mm f1.8D(合計1205g)
18mm f2.8D<380g、58mm>と24-120mm f4G<710g 、103.5mm>(合計1090g)
35mm f2D<205g 、43.5mm>と70-300mm f4.5-5.6E<680g、146mm>(合計885g)
18mm f2.8Dと50mm f1.4D<230g、42.5mm>(合計610g)
35mm f2Dと85mm f1.8D(合計585g)
などという組み合わせでの持ち歩きも、この重さコンパクトさなら苦にはならないと思います。

あとはできれば28mm f2.8D<205g、44.5mm>くらいが欲しいなーとは思っています。
なぜなら…(次回に続く)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Ai AF Nikkor 18mm F2.8Dという古いレンズ [カメラ]

先日手に入れました。

理由は、超広角にやや未練があったためです。
これまで、
FXでニコンのAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5- 4.5G EDなど、
DXでニコンのAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6 G VRやシグマの10-20mm F3.5 EX DC HSMを購入しては手放してきました。
ワイドコンバーターアタッチメントNH-WM75なんかも買いました。

ただすべて手放して、しばらく。
理由は超広角レンズの使用頻度が非常に低いためです。
ただ、未練もあるんです。
これまでの経歴からもわかる通り、超広角レンズも好きなんです。

ちなみに、超広角レンズは広角端しか使わないことは、これまでの経験から判断されるため、ズームは不要。
また、超広角レンズは、どう考えても万能レンズとはなり得ないので、何より万が一の際に所持していること、所持しても邪魔にならないことが最重要と考え、小型軽量でかつ明るい単焦点を求めたのです。

なお、Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFの造りがよかったので、Ai AF Nikkor 20mm f/2.8Dではなくちょっぴり高価ですが、高級感のあるこの18mm単焦点レンズにしました。
111.jpg

使ってみた感想は、やはり単焦点だけあって、古いレンズの割には結構かっちりとした写りをします。
小さいですし、予想通りの高級感もあり、所有欲も満たされます。

このレンズについては、今のところ代わりになる新レンズも無いため、大事にしようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー