So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

35mmはX100Tに任せることにした [カメラ]

(前回からの続き)
Ai AF Nikkor 35mm f/2Dを所有しながら、Ai AF Nikkor 28mm f/2.8Dを物色している理由について。


私の最も使いやすいと思う焦点距離、それは35mm。

今まで35mmについては、AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDやAi AF Nikkor 35mm f/2Dなどを転々としながらも、割とヘビーローテーションで使ってきました。

しかし、この度、大きな変化を付けてみました。

それは、35mm単焦点の、富士フイルムのX100Tへの置き換えというものです。


X100T、それは所謂レンズ固定式のコンデジです。
ただ、OVFを持ち、APS-Cという一眼レフばりのセンサーサイズを持っています。
何より、ずっと前からあこがれていたデザイン。シルバーのレンジファインダー風デザインが最高です。Dfにも通ずるものを感じます。以前からずっと欲しくてたまりませんでした。

X100シリーズは、昨年X100Fが発売され、X100Tは1世代前のモデルとなっています。(平成30年3月現在)
しかし、このシリーズとしては、3世代目ということで、なかなかに熟成されたカメラかなと思います。
そして値段も手ごろなところに落ち着いてきたため、念願の購入をすることができました。
正直なところ、X100Fは高価すぎるし、X100Sは、液晶がひどくてちょっと無理でした。
333.jpg
このことにより、35mm f/2Dを手放すこととなったわけです。(ここで冒頭につながります。)

正直なところ、写りだけで言えば、X100TはDFと同等だと感じています。(高感度とかAF速度とかは違いますが)JPEGだけでいけば上ですね。

ともあれこれで、
Ai AF Nikkor 18mm F2.8D
35mm f2(23mm f2:富士フイルムX100T)
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007:タムロン)
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

25‐250mm f2.8-5.9(LUMIX DMC-TX1:パナソニック)
となりました。

ここに、一眼レフ用レンズの穴埋めとして、Ai AF Nikkor 28mm f/2.8Dが入るとちょうどいいかな~とか考えています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

単焦点レンズに求めること [カメラ]

突然ですが、色々考えた末、単焦点レンズには次の点を求めることとし、その方針に沿ったレンズラインナップに再構築することとしました。(再構築ばっかりですが)

その求める要素とは、

「軽いこと」「コンパクトなこと」

具体的にいうと、重さ400g以下かつ長さ60mm以下。

理由は、やはりメインはズームレンズとなる
ことは仕方が無い。なので、それに合わせ持ち歩くには、小型軽量であることが重要です。何より携帯していることが大事であると。単焦点1本では撮影がたちいかないことは現実ですので。

Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFの重さ大きさは、単焦点レンズと考えるときついなと感じてしまいました。私はスタジオ撮影ではないので、軽快であることは、大きなメリットにつながると考えました。とてもいいレンズだったので、未練もありますが...2回購入したくらいに。

なお、Gシリーズではなく、Dシリーズばかりを選んでいるのは、より小型でありながら必要十分な性能を未だ持っているためです。Dfにも合いますし。

ということで、Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF(550g、72.5mm)は手放して、Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D(380g、58.5mm)に置き換えることに決め、とりあえず手放しました。
222.jpg
所有のズームレンズが、すべて600gオーバーなので、この軽快さは格別に感じます。

24-70mm f2.8<825g、108.5mm>
と85mm f1.8D(合計1205g)
18mm f2.8D<380g、58mm>と24-120mm f4G<710g 、103.5mm>(合計1090g)
35mm f2D<205g 、43.5mm>と70-300mm f4.5-5.6E<680g、146mm>(合計885g)
18mm f2.8Dと50mm f1.4D<230g、42.5mm>(合計610g)
35mm f2Dと85mm f1.8D(合計585g)
などという組み合わせでの持ち歩きも、この重さコンパクトさなら苦にはならないと思います。

あとはできれば28mm f2.8D<205g、44.5mm>くらいが欲しいなーとは思っています。
なぜなら…(次回に続く)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Ai AF Nikkor 18mm F2.8Dという古いレンズ [カメラ]

先日手に入れました。

理由は、超広角にやや未練があったためです。
これまで、
FXでニコンのAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5- 4.5G EDなど、
DXでニコンのAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6 G VRやシグマの10-20mm F3.5 EX DC HSMを購入しては手放してきました。
ワイドコンバーターアタッチメントNH-WM75なんかも買いました。

ただすべて手放して、しばらく。
理由は超広角レンズの使用頻度が非常に低いためです。
ただ、未練もあるんです。
これまでの経歴からもわかる通り、超広角レンズも好きなんです。

ちなみに、超広角レンズは広角端しか使わないことは、これまでの経験から判断されるため、ズームは不要。
また、超広角レンズは、どう考えても万能レンズとはなり得ないので、何より万が一の際に所持していること、所持しても邪魔にならないことが最重要と考え、小型軽量でかつ明るい単焦点を求めたのです。

なお、Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFの造りがよかったので、Ai AF Nikkor 20mm f/2.8Dではなくちょっぴり高価ですが、高級感のあるこの18mm単焦点レンズにしました。
111.jpg

使ってみた感想は、やはり単焦点だけあって、古いレンズの割には結構かっちりとした写りをします。
小さいですし、予想通りの高級感もあり、所有欲も満たされます。

このレンズについては、今のところ代わりになる新レンズも無いため、大事にしようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっぱり70-200mm f/4Gの方がいいんだね [カメラ]

AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRとAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR という似たようなレンズを所有しています。70-300mmは2017年に発売されたばかりの最新レンズということで、70-200mmを置き換え出来るかなという期待を持ちつつ購入したのですが、、、
123.jpg
やはり下克上は無かった。当然ですが。
70-200mmの方が、一皮むけた画になる(ナノクリのせい?)、ファインダーが明るい感じ、なんかAF精度が優秀そう、頑丈な造り、そしてやはり多少なりとも明るいということです。

ただ、70-300mmは、300mmまで使えて格段に便利、軽くて短い、AFが(f/4Gよりも)速いので、これもなかなか捨てがたく。
屋外でそれなりの写真を確実に撮る用途には、大変使い勝手のいいレンズです。

ただ、ネットとかで言われているほど、素晴らしい写りでもないような。
ズームレンズの画って感じで、はっとするものは得られないかなーと感じます。


そういえば、近々タムロンから同じようなレンズが出るようで。
今更感もありますがどうなんでしょうか。せめて~250mmとか60mm~とかなら差別化されたと思うんですが、、、
●70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034)
  850g 174mm 最短0.95m 手振補正4段 8万5千円
●AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
  850g 178.5mm 最短1.0m 手振補正4段 14万円(中古で9万円前後) 2012年発売
●ついでに、AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-Sなんてのもありましたが、  
  980g 167.5mm 最短1.0m 手振補正3段 最安時7万円台 2014年発売(すでに生産終了)

ニコンとほぼほぼ同スペック。
となると、あえてタムロンを選ぶ理由ってなんなんだろうか?
個人的には、安心感、AF精度(非純正とは全然違うと思っている)、補正処理などから純正しかありえない感じですが。
やっぱり値段でしょうか。
確かに自分自身も、24‐70mmについては、長さとかもありますが、破格の値段につられて購入をしました。
ちなみに、一時期自分も比較検討していたトキナーは早々に撤退してしまいました。ニコンとガチンコな中、スペック的にも特段優れていなかった(重すぎるし)ためだと思います。
タムロンがどんなレンズか、実際触ってみるのが楽しみです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

C-Loopの落下防止対策DIY [カメラ]

以前より、一眼レフやコンデジにはアルティザン&アーティストのイージースライダーを使用しているが、最近、その取り付けにC- Loopを使用している。

C-Loop回転ストラップマウントとは、Custom SLR社の製品で、三脚穴を利用して、ストラップと取り付けするためのパーツです。

家などでカメラを使用する際、またドライボックスに保管する際にストラップって邪魔だなーと常々思っており、ストラップの取り外しが容易に出来る方法がないかずっと考えていました。また、Dfはストラップの金具の位置がとても悪く、とくに右手が持ちづらいと思っていました。
このパーツの小型版C-Loop miniを、TX1やWX970Mにも使っているくらいのお気に入りです。

ともあれ、C-Loopによりこの目標は達成できたんですが、なんだかネットなどでこんな記載をよく見かけます。
「金具が外れてカメラが落下」
そんなとても恐ろしい事態が懸念された。

これについて、実際持ち歩いている際に怖いので、出来る限りローコストでできる対策を検討した。
なお、既製品で、テザーキットなるものもあるが、高価なうえに以下の条件により却下。

その条件。
出来るだけ金具が使用されていないこと。特にカメラ側に。何故なら、金具によりカメラが傷つくのが嫌だからである。鞄とかに収納する際にも、金具があると確実に傷が付くと思われ、プラスチックやゴム製のもの。これが結構難しい。

ネットなどを見てもあまりいいものがない。
しかし近所のホームセンター(カインズホーム)でいいものを発見。

三共コーポレーション
強力接続アダプター アラミド繊維 ゴムシュリンク付
DT-ASW-BK 
という商品。

耐荷重3kg 全長180mmとちょうどいい。
アラミド繊維という強度・耐摩擦・耐熱に非常に優れた材質にナイロンで被膜しているため、カメラに傷がつかない。
ゴムシュリンクで、輪っかがまとめられていて、コードが無駄に広がらず絡みにくい。
デザインも黒で目立たない。

何より職人用の道具であるため、信頼性が違う。高い所で工具を落としたら洒落にならないですから。
ちなみに300円くらいです。

これを、ストラップ側に家にあった適当な金具を取り付けたら、必要な時だけワンタッチで接続できるようになりました。

※写真下部のひもです。
111.jpg
①三角輪に通して(右側は邪魔なので外しています。)
222.jpg
②ストラップに取り付けた金具に挟む
333.jpg
③これで万が一C‐Loopが外れても、カメラの落下防止になります。耐荷重3㎏ですから余裕でしょう。デザイン的にも操作性も邪魔をしません。
444.jpg
我ながらなかなかのアイディアだったと思います。

安心してカメラを持ち運べるようになりました。
※ただし、これらは全て自己責任ですので、何かあっても責任はとれません。あしからず。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR 購入 [カメラ]

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRという望遠レンズを購入しました。
333.jpg

先日はタムロンの28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)という高倍率ズームを手放したばかり。
今はAF-S NIKKOR 70- 200mm f/4G ED VRというレンズを所有していますので、買い増しです。ただ、このレンズで満足したら手放すかもしれません。
111.jpg
f4Gよりも、長さが短く(178.5mm→146mm)、軽く(850g→680g)なりました。少し太く(78mm→80.5mm)はなりましたが。
222.jpg
伸ばすとこんな感じですが、200mmと300mmの差ですかね。フードも花形(f4Gは丸形)で良し。

望遠が300mmまで欲しかったのと、より短く・軽くしたかったのとで、購入しました。狙い通りで大満足です。

厳密な比較はしていませんが、AFも早いし、純正なので精度も文句なし、VRもよく効きます。F値が4.5-5.6というのも、屋外使用なので問題なし。
178mmは長すぎて、滅多な事では持ち運べませんでしたが、このレンズなら多少気楽に使えそう。

f4Gの方がダントツでいいと思えるところは、造り(金属製)とインナーズーム(ズームで伸びない)、ナノクリくらいかなと。
それ以外は、私のような用途程度では違いを感じません。どちらもとても綺麗に撮れますので。
それより撮影の腕の方が大事だと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Dfのそんなに悪くないと思うところ [カメラ]

前回、ちょっと衝動的になりすぎました...

そこで気を取り直して「Dfのよく言われるけど、個人的にはそんなに悪くないと思うところ。」

それはスバリ、ボディの厚み。


いやいやかなり薄く感じますけど。むしろ薄く平坦なせいで持ちにくくなっているような。グリップが浅いのが一番の問題かも知れませんが。
よくフィルムカメラ時代の厚みと比較されますが、それと比較すれば確かに分厚い。ただ、ワタクシ2010年代デジカメ世代としては、昔のカメラは確かにとても薄いけど持ちにくそう。今時のVRやレンズモーターの付いた大きなレンズなら、尚更です。
デザインも昔のよりDfの方がかっこよく感じます。(ブラックに限る)特に、大型レンズや、ズームレンズを付けた場合。
9658.jpg

Dfのデザインは、レトロなフィルムカメラをゴールとしているのではなく、その要素(デザイン・操作性)を取り込みながら現代の機器に還元した進化形だと思います。
私は(あくまで個人的には)昔と同じものが欲しいわけじゃないので、Dfの方向性には大いに賛成です。昔のが欲しければ昔のを使えばいいですしね。

Df2が一眼レフでまだ出るのであれば、現状のコンセプトのまま細かい改善をしつつ、最新の機能を惜しみなく詰め込んでくれたらいいなと思います。
現状の他社ミラーレス程度ならちょっと遠慮します...

→「新年早々、Dfに衝撃を受けた件」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2018-01-01
→「絞り環でF値を決めるという行為」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-10-18-1
→「Dfのいまいちなところ」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-10-17
→「Dfに色んなレンズを付けてみた~外観編」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-10-16-1
→「D600からDfへ」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-10-15
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新年早々、Dfに衝撃を受けた件 [カメラ]

新年早々、Dfに大衝撃を受けました。

悪い意味でです。


大晦日や正月には、家族写真を撮るのですが、いつもどおりリモコン(ML-L3)を用意して、さあ撮りますよとなったところで、、、リモコンが全く反応しない!!かなり焦りました。そして、原因も分からぬまま、とりあえずタイマーで撮影をすることに、、、大汗をかきましたよ。

今日になって、どうやるのかなと調べていると、

「ML-L3はDfに対応していない!!」という衝撃事実が!!!
5656.jpg
これまで、D5100の頃からずっと愛用してきたリモコン、D600でも使っていたのに、まさかのDfは対応せずの事実。

これにはほとほとあきれてしまいました。
別にやろうと思えば対応できただろうと...
なんだか、プロ仕様機ではこのような簡易なリモコンは対応しない方向性なようで。いやDfはそんなんじゃないでしょと。中途半端な機種だなーと思いました。


ともあれ、調べてみると、
①WR-R10とWR-T10(またはWR-10のセット)で高級ワイヤレスリモコンセット導入か
②WU-1aでスマホをリモコン代わりに使う
の2パターンがいけそう。

ただ、コスト的に①は②の4倍くらいするので、②かな~と思っている。


それにしても、新年早々愕然とした瞬間でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

標準ズームでまだまだ悩む [カメラ]

標準ズームの選択に悩んでいます。

これまでも、ずっと悩んできたんですが、、、
「ベストな標準ズームレンズを求めて」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-08-28
「24-120mmと28-300mm、そして24-70mm」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-10-27
「ズームレンズの組み合わせ」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-09-07


今標準ズームと呼べそうなものが手元に3本あります。
①タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)<825g>
②ニコン Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D<545g>
③ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR<710g>
これらを出来れば2本にしたいなーと思っています。

ちなみに、
④タムロン 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)<540g>は手放しました。


まず画質(写り?)!
①>②≧③という感じ。
なんだか、ほんとか、どう見ても②の方が、③より画質(写り?)がいい気がしました。
ただ、言っても画質については、どれも十分な感じはしますので、最重要項目では無いと考えます。

そして焦点距離の違い!!
70mmと85mmは誤差の範囲。
85mmと120mmは少しだけ大きく撮れる。
70mmと120mmではだいぶ大きく撮れる。

その他の要素としては、
①と③は手振れ補正が付いている。
②は比較的小型軽量。
①は全域明るく、②は広角が明るい。
②は絞り環が付いている(Dfに最適)
③はナノクリ。
②と③は純正(自動補正可)。


①はまず絶対キープとして、残り、組み合わせるのは②か③か。
ちなみに最も悩みどころは、私の撮影用途の90%が子供撮りだということです。

①はテレ端が70mmまで。
子供撮りにおいては、結構120mmは重宝していました。
そこについて、85mmでその用途をこなせるのであれば、
①と②の組み合わせで、重いけど高性能で撮りたい時は①、屋外やイベントなど小型軽量で気軽に持ち運びたい時は②といった使い分けが出来るのですが。

①と③の組み合わせだと、③の用途は、70(ないしは85)mm~120mmの間を使いたい時限定使用となってしまいます。

それならむしろ割り切って、
①と④の組み合わせにした方が、よっぽど分かりやすい使い分けが出来るようにも思います。

どうしよう?

とりあえず、大きさ・長さを比較してみました。
1111.jpg
最大に伸ばしてみた。
2222.jpg
フードを付けてみた。
3333.jpg

ちなみに、タムロンとかから、
⑤24-360mmまたは28-400mmでも出てくれたら、
①と⑤の組み合わせにしてもいいんだけども。出ないかな?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

次なるエモノは... [カメラ]

特に必要ないけど、気になるレンズ。
安くていいのが見つかれば欲しいな~と思っています(沼)。
99998.jpg

超広角域のレンズを持ってないから、小型軽量単焦点レンズでいいのがあればな~
・Ai AF Nikkor 18mm F2.8D
・Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D

室内でもうちょっと広く撮りたいこともあるから、小型軽量で広角の単焦点があればな~
・Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D

85mm f/1.4Dはあるけどちょっと重いから、小型軽量化したいな~
・Ai AF Nikkor 85mm f/1.8D

望遠の単焦点が気になるな~
・Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D

やっぱりいつかは...明るい標準ズームが気になるな~
・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
・SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)


ちなみに今のラインナップ
・Ai AF Nikkor 35mm f/2D
・Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
・Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF
・AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
・AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
・28-300mm F/3.5- 6.3 Di VC PZD (Model A010)
ちなみにどれも最高なレンズ達です。(タムロンは画質以外の部分で)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー