So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ボディの色 [車]

ボディの色ってとても悩むところですね。

車種が決まって、次に選ぶところだと思います。

ホワイト 、ブラック 、シルバー、グレー、ブルー、レッド、ブラウンなどなど。

新車を選ぶのなら好きな色を選べばいいんです。値段も殆ど変わらないので。ただ、今後売り払う予定の人は、ホワイトかブラックの2択ですね。売るときの値段に差が出ると思われるためです。所謂人気色のためです。なので、よっぽど拘りがなければ、この2色ですね。

中古車は難しいところです。
まず、色、装備、状態、値段が全て揃った思い通りの理想的な個体に出会えるとは限らない、一期一会のタイミング一発勝負、それが中古車なんですね。
また色だけでいうと、上記の新車の理屈からも分かる通り、ホワイトとブラックの値付けが高くなりがちです。100万円台のもので1割アップといったとこでしょうか?

なので、色を妥協するかどうかが大きな分岐点となります。装備や状態を取るか見た目を取るか。
ただ、中古車は多くの場合、売り払いの値段を考えません。乗り潰す気持ちだからです。そのためホワイトやブラックにこだわりが無い限りは、それ以外の色を選ぶ方が、お安くお得になるケースが多いでしょう。
それに車種ごとに似合う色、似合わない色というのもあるので。

私の検討中のラフェスタハイウェイスターには、例の通りホワイト、ブラック、シルバー、グレーがあります。

個人的に中古車に求める最優先ポイントは、いかに安くお得に極上装備で、出来るだけ低走行な車を手に入れるかだと思っています。

ということなんで、どの色にするか、なかなか悩むところです。
無題2.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラフェスタハイウェイスタースプレモという車 [車]

中古車という色眼鏡をかけた瞬間に見えてきた、新しい景色。
そこにあったのが、日産のラフェスタ ハイウェイスター スプレモでした。

なぜ、今まで候補に挙がらなかったかというと、2018年3月で販売終了となった車だからなんですね。新車ではもう手に入りません。

そして、このラフェスタ、中古車で探したら、5年落ちくらいのシエンタ、フリードと較べて、だいぶ割安なんです。恐らく不人気車なためでしょう。

しかし、走行性能や見た目がとてもいいと来ます。顔が好みです。私のアウトランダーROARと似ていますね。

ラフェスタハイウェイスタースプレモは、手ごろな中古価格で、両側スライドドア、17インチアルミ、ナビに、バックカメラ、一部本革シート、クルーズコントロールなどが装備されています。ここまでの装備でフリードだとかなりの値段になるのです。それでいて、車内空間や走行性能が上、新車価格も上というとてもお買い得車なんです◎

ちなみにほぼ同車種のマツダプレマシー(ラフェスタはOEM)は、マツダってのと顔が気に入りませんでした。

これはこのまま、いいのが見つかればラフェスタ ハイウェイスター スプレモで決めちゃうかも!
無題2.png

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新車から中古車へ舵を切る [車]

色々車の購入について考えてきたのですが、、、

新車購入は辞めて、中古車にしようと決めました。
シエンタにしてもフリードにしても、そこそこの装備にしたりしたら結構な値段になります。
ちなみにそれなりの装備の最低限は、両側スライド、アルミホイール、エアロ、ナビ、バックカメラなどです。

そんなに欲しい車でもないのに、そこまでのお金を出すのが惜しくなりました。

ただ、シエンタにしてもフリードにしても、そこそこの装備を持ったモノだと、3年落ちで200万円近く、5年落ちでも150万円近くと、結構な値段の高さ。

恐らくこれは人気車ゆえのものかなと思います。

ということで、車種も変更することにしました。

なんと!「中古車」という選択肢を取り入れたことで、新たな車種が見えてきたんです。

つづく...
無題2.png

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

24-70mmはトキナーでいいんじゃないかと [カメラ]

しばらく使ってみて結論を出しました。

タムロンを手放し、トキナーにする!です。

何より決定的な要素は、感覚にもなるんですが、トキナーの方が撮影中、撮れた写真共に、明らかにハッとさせられること。なんかタムロンは平凡でした。タムロンは24-120mmに近い感じ。
8888.jpg
トキナーのデメリットは、
・最悪 ズームの回転方向
・悪  ズームが重い レンズが重い
・どっちもどっち AFがあまり速くない(が、他の純正レンズに比べて特に遅いわけでもない。F2.8としては遅い部類。)
・補足 手ぶれ補正が無い

ただ、今少し気になっているのがありまして。
ニコンのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDです。
トキナーより、純正の精度があって、AFが激速で、ズーム回転方向がニコンで、ナノクリで、軽いレンズです。
ただ、トキナーより、めちゃ細長くて、発売が古いレンズだということが気になります。

特に鏡筒が長すぎ。
持ち歩きに邪魔だし、目立つし、見た目細長ダサいし、フードを付けるのはもってのほかな感じなんです。だからトキナーを選んだわけですが、純正の良さを知っているだけに、、、

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワイヤレスリモコンシャッターを購入 [カメラ]

以前から大変不満に思っていたワイヤレスリモコンシャッターの問題。
→「新年早々、Dfに衝撃を受けた件」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2018-01-01

やはりこのままでは困るので、結局購入しました。

WR-10にしました。
9999.jpg
これは前のリモコンML-L3と違い、電波を使っているらしいです。
そのおかげで、カメラに向けてリモコンを操作する必要が無いとのこと。
後ろ手やポケットの中でも撮れるみたいです。

これで、七五三なども万全の態勢で記念写真が撮れそうです◎

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

試乗初体験~ホンダ [車]

初めて新車の試乗をしてきました。

ホンダでフリードの6人乗りガソリン車に試乗!

まあ運動性能はクラス的にこんなもんかなと。
車内の広さは思っていたより広々感はない。
内装は安っぽいが、クラス的にこんなものか。
デジタルのメーターが奥まっていて遠くて光が反射して見にくい。
ハンドルが小さい。
両側スライドいいね~。
6人乗りは真ん中が自由に歩けて、さらに2列目シートもいい感じで7人乗りより6人乗りかなと。ここはシエンタにはない利点。

それよりディラーの対応に違和感。
もっとぐいぐい来るかと思ったが、こちらが何も言わなかったからか、本当に試乗だけで終了。店内に一歩も入らず、誘われず。
こんなもの?
営業マンはもっと頑張るべきでないかな?確実に今年度内に車を買いかえる予定の客が、わざわざ勝手に寄ってきたのにみすみす逃すとは、、、
こういうとこなのかな、トヨタとの差って。
無題2.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中望遠単焦点レンズ [カメラ]

先日、Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFを手放したばっかりなわけですが、今度は AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gを手に入れました。
→「単焦点レンズに求めること 」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2018-03-03
にも書き込んだ通りの理由で。
111.jpg
<写真奥から24-70mm、85mm、50mm>

やはり
1.4D 長さ72.5mm 重さ550g
1.8D 長さ58.5mm 重さ380g
1.8G 長さ73mm 重さ350g
この差は大きかったです。
1.4Dの明るさと、モノとしての高級感、所有満足感も捨てがたかったんですが、f1.8の明るさでじゅうぶんなことと、単焦点は軽快に使いたいこともあり、f1.8で大満足しています。安いですしね。
重さ380gながら超小型サイズの1.8Dでもよかったんですが、中古(しかない)でも1.8Gと値段が変わらないことと、いい状態の中古がなかなか出てこないため、今回は1.8Gの方を選びました。
ただ、1.8Dは知りませんが、1.8GのAFは遅いです。最近購入してめっちゃ遅いと思ったトキナー24-70mmよりも遅いかも。

これで、
Ai AF Nikkor 18mm F2.8D
X100T 換算35mm F2 ※富士フイルム
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
Ai AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED
AT-X 24-70 F2.8 PRO FX  ※トキナー
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
というラインナップになりました。
TX1の換算25-250mm f2.8-5.9 ※パナソニック もあります。

単焦点レンズは、いい感じの間隔で揃ったかなと自己満足しています。
私のメインは35mmです。
そして、広角に行きたい時はとことんの18mm。
室内でちょっと寄りたい・ぼかしたい時は、50mm。
屋外で撮りたい時は、85mm。
室内で望遠が撮りたい時は、180mm、といった感じですかね。

標準ズームが2本ありますが、24-120mmは便利ズーム(高倍率ズーム)の位置づけですので使い分けできそうな気が今はしています。ただ、このポジションだけちょっと怪しいというか、いつかどちらかに絞るかもしれません。でもどっちも捨てがたいんですよね。写り・明るさはトキナー。軽さ、便利さ、AF速度、安心感はニコンなんです。子供撮りにおいて、70mmと120mmの差はかなり大きいんですよね。

ということで、なんだか欲しいレンズが全て揃ってしまった気分です。
ちなみに、28mm f/2.8Dは要らないかなーと。やはりほとんど使わない焦点距離だしなと考えなおしました。

今後、ニコンがフルサイズミラーレスカメラを出すとのことで、それに伴って、新しいレンズも続々登場するような気もします。
魅力的なレンズやカメラが出たら、また買い替えを検討していかなければなりません◎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

X100Tをさらにいぢってみた [カメラ]

X100Tをさらにいぢってみました。

ちなみに以前はこんな感じでした。
→「富士フイルムX100Tをいぢってみた」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2018-03-10-1

最近はこんな感じになりまして、
5555.jpg
まずレンズフードはやめました。
何故なら、かさばるからです。デザイン優先な感じで、効果もあまりなさそうな気がしました。

そのかわりに、ボディケースを購入。
目的は、持ちやすさの向上、傷の防止、そして見た目の向上です。
ちょっと大きくなりましたが、しっとりして持ちやすく、茶色な見た目もちょっといい感じになったかなと思っています。

ちなみに、レンズフィルターについて、最初はシルバーの方がボディの色に合ってていいかなと思っていたんですが、ブラックの方が全体的に締まるというか、レンズが大口径に見えてかっこいいと思っています。

また、サムレストは良いのがあれば使ってみたいなとは思っています。
要はX100シリーズは持ちにくいのが最大の欠点みたいなところがあるので、持ちやすさ向上アイテムは積極的に取り入れたいです。※ただし見た目も重要なジレンマ。


ところで、最近思っている不満点を3つ。
①絞りリングが回しにくい。ニコンのDタイプのような感覚でスムーズに回せません。何故ならとてもボディよりにリングがある上、突起部が微妙な位置にあるため、自然な動きで操作出来ません。私は結構絞りを弄るので、大変不満です。レンズが超薄型なことの弊害ですね。

②ピント位置をワンタッチで中心に戻せない(ような気がする)。ニコンならOKボタンで中心に戻りますので。出来るのかな。

③液晶のアイコンが分かりにくい。慣れてないので、ぱっと見でアイコンの意味が分からないし、説明文も表示されないのが不便。フィルムシミュレーションとかもアイコンだけではさっぱり。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

24-70mm F2.8 レンズ選び~タムロン・トキナー・ニコン [カメラ]

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)を所有しているわけですが、各メーカー含め24-70mmって、とても微妙な位置付けのレンズだなと感じています。

明るいズームが必要な人にはこれしかないレンズ。
444.jpg
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ニコン AF-S NIKKOR 24 -70mm f/2.8G ED
タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)
タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)
トキナー AT-X 24-70 F2.8 PRO FX
シグマ 24- 70mm F2.8 DG OS HSM | Art
などなど、これらはこのゾーンで最高性能を求められる中で、フラグシップとして作られたために高性能である。ズーム倍率も3倍弱と控え目なのも好影響。ただ、単焦点よりは劣る。

しかし、それなりな高画質でいい人、普通のファミリーパパカメラマンにとっては、不満点もあるわけで。

①焦点距離
24-70mmという焦点距離は、想像以上に狭い。正直、広角メインの人向けです。風景とか。
人物を撮るなら、35-105mmくらいが使いやすいと思います。24mmから28mmなんて使わない。
14-35mm(2.5倍)、35-105mm(3倍)、70-210mm(3倍)とかの大三元がいいなー。

②F値
しかし、そもそもf2.8はあまり使わない。なぜならボケすぎるから。フルサイズのf2.8は想像以上にボケます。子供や家族、友人などを撮ることが多いパパカメラマンにとっては、あまりボケてもらうと困るんです。状況も含めて記念なので。だからほぼf4~f5.6程度に絞ります。また、本当にぼかしたいシーンにおいては、70mmでは足りません。85mm以上で撮る方が、綺麗にボケます。さらに言えば、単焦点のf1.4~f2.2くらいで撮ると、段違いです。

③サイズ・重量
そしてf2.8は総じて重いです。より画質のいい単焦点よりも、より焦点距離の長いズームレンズよりも重いんですよね。

となると24-70mm f2.8を選ぶ理由は、ズームレンズとしては明るいこと、最高性能の位置付けなため丈夫に高級に製作されていること、単焦点よりは画質で妥協してもズームレンズの便利さは捨てられない場合などかなと。


なわけですが、タムロンA007なんですが、なんだか何とも言えない微妙な写り(とても写りはいいのですが、当たりの確率が低い?)かなというのと、安っぽい作りなところに少しだけ贅沢な不満も感じています。

ただ、以前使ってみたニコンのf/2.8Gは、写り最高、AF爆速、高級感有、純正最高ながらも、とても長い鏡筒がどうしても無理でした。値段も高いです。

なので、大穴のトキナー製も手に入れて使ってみました。
333.jpg
写りはなかなかいいかも。そしてまあまあの作りの良さ。値段も手頃。
しかし、超重い(1,010g!!)、AFがそんなに速くない、ズーム回転方向がキヤノン(怒)。
そんなレンズです。

ちなみに、標準ズームでは、手ぶれ補正は無くても大丈夫との考え方を持っています。私の場合...
風景は撮らず、人物のみなのでシャッタースピードは最低でも1/100。
1/焦点距離あれば、手ぶれ補正は起きにくいとの定説を信じれば、このレンズは最大望遠70mmの時でも、1/80あれば大丈夫だろうと。実際は、被写体ぶれ対策に、通常1/125~1/250くらいには設定しています。


<現時点で、トキナーとタムロンを比較しての感想>
AF速度はトキナーが少し劣る(どちらもあまり速くない)が、トキナーの方が音がうるさい。AFは行き過ぎてから戻る感じなのが原因かと。ただし、精度はトキナーの方が上で、ピントを外しにくい感じ。重さはカメラに付けるとあまり差を感じない。というかどちらも十分重い。ただトキナーは太い。トキナーはズームの回転が重い。

しかし、ズームの回転方向だけはどうしても慣れない。いつの間にか体がニコン方向を覚えてしまっていたようで、結構ストレスがたまります。でも慣れの問題だとは思います。
111.jpg
222.jpg
とりあえず、タムロンとトキナーをしばらく使い比べてみて、最終的にどちらかを選ぼうと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

望遠ズームを一旦手放し望遠単焦点にした [カメラ]

タイトルのとおりですが、
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR
の両レンズ、とびっきりサイコーなレンズ達ですが手放すことにしました。

理由は、小学1年生になる長男はサッカーを続けるかどうか検討中。年中からサッカーを始める次男。
小学1年生で、屋外スポーツをやる機会は、運動会くらいで、他に無さ気。
幼稚園行事の屋外イベントも運動会くらい。

運動会はビデオカメラが絶対で、サブでコンデジのTX1。何故ならかけっこなり演技なりは動画の方が数倍楽しいから。それに1日屋外の行事で重い一眼レフはしんどいし、突然の雨やひどい砂埃も気になります。
サッカーについても、ビデオカメラの動画の方が後で楽しいです。サブにTX1も変わらず。
本当の非常時は動画を切り取って、800万画素の静止画にも出来ます。
先日Df+70-300mmでサッカー撮った時は、確かにとってもうまく綺麗にいい写真が撮れました。ただ、その時はビデオカメラは撮っていません。両立は出来ないんですよね。

また一眼レフはビデオカメラ以上に、常にファインダーを覗いてここぞという場面を待っていないといけないこともあり、なんかそれだと、試合の全体の流れに集中出来ないと思いました。

そういうことも勘案すると、望遠ズームレンズ達の活躍の場が思い当たらないんです。

なので、一旦手放してみます。眠らせていても仕方がないし、両レンズとも新しめのレンズだから、いつでも買いなおすことが出来ます。長男の動向や、所属するチームの雰囲気とかに必要に応じて、再検討してみてもいいのかなと思いました。


ただ、そうは言っても、それだけでは望遠に多少の不安が残るため、敢えての単焦点購入に踏み切りました。
11111.jpg
Ai AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-EDです。
古いDタイプの単焦点レンズ。
手振れ補正も付いていません。

ちなみに、似たようなニコンのレンズを比較してみると、
AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR<680g、146mm>※新品6万円台、中古5万円台
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR<850g、178.5mm>※新品10万円オーバー、中古8万円台
Ai AF Nikkor 180mm f/2.8D IF-ED<760g、144mm>※新品9万円台、中古3万円台
AF-S NIKKOR 70- 200mm f/2.8G ED VR II<1540g、205.5mm>※10万円オーバー
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR<1430g、202.5mm>※10万円オーバー
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR<755g、147.5mm>※10万円オーバー

この焦点距離でこの明るさ、この程度の値段のレンズとしては、格段の軽さと長さ、そして画質についても、手振れ補正は無いにしても、古くてもそこは単焦点と言える写りを持っていると思います。開放で撮っても、かなり印象的な写真が撮れます。古さは感じません。レンズの質感も、85mm f/1.4Dや18mm f/2.8Dと似た感じ(金属ではなく軽い感じはするが)にざらっとしていて結構高級感があり上々です。
ただし、やはり180mmという望遠になるので、手振れには注意を要することと、案外数字以上にずっしりとした重さを感じることに注意です。
まだがっつりとした動体(遊んでいる子供など)は撮っていないので、AF速度については不明ですが、今のところ極端なピント外しはありません。

24-120mmの望遠時と比べると、短さ細さがよく分かります。
22222.jpg
ちなみに、フードは内蔵されており、いつでも伸び縮み自在です。

★単焦点
18mm f/2.8D
35mm f2(X100T)
50mm f/1.4D
180mm f/2.8D
★ズーム
24-70mm f2.8 VC
24-120mm f/4G VR
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -