So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

振り返ってみる~交換レンズ [カメラ]

今回はこれまでに使用してきた、一眼レフ用交換レンズを振り返ってみました。

★APS-C用(DX用)
ニコン ?35-70mm?? D70と一緒にいただく→売却
ニコン AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR  D5100キットレンズ新品→売却
ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 新品購入→売却
シグマ 18-50mm F2.8 EX DC 中古購入→売却
シグマ 18-250m F3.5-6.3 DC OS HSM 中古購入→売却
シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMニコン 新品購入→売却
ニコン AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR D5300キットレンズ中古→売却
シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 新品購入→売却
シグマ 30mm F1.4 DC HSM 新品購入→売却
シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSM 中古購入→売却
ニコン AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED 中古購入→売却
シグマ 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 新品購入→売却

★フルサイズ(FX用)
タムロン SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO(Model A09II) 新品購入→売却
ニコン AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR D600キットレンズ中古→売却
ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G D600キットレンズ中古→売却
ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 中古購入→現在使用中
ニコン AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 新品購入→現在使用中
ニコン Ai AF Nikkor 24mm f/2.8D 中古購入→売却
ニコン AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 新品購入→現在使用中
ニコン AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 中古購入→売却
ニコン Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF 中古購入→現在使用中
ニコン AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G Special Edition 中古購入→売却
ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 中古購入→現在使用中
ニコン Ai AF Nikkor 35mm f/2D 中古購入→売却
シグマ 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL 中古購入→売却

ということで現在使用中のレンズは
DSCF0374-2.jpg
①ニコン AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
②ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
③ニコン AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
④ニコン Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IF
⑤ニコン AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
以上の5本です。

色々迷走していますね。
迷走していますが、広角から中望遠までの範囲では、まずまず完成したシステムだと思っています。

<現在所有レンズの選択理由>
これを語るには、前提として被写体・撮影目的が何かということ。
私はブログタイトルにもあるとおり、被写体は息子・家族です。
それを踏まえて、

①18-35㎜ はもっと広角レンズもありますが、基本的に私は風景を撮らないので、18㎜でも広すぎるくらい。とっても小型軽量で使いやすいレンズです。超広角は使用頻度は低いですが、1本持っておきたいレンズです。
②24-120㎜ は標準ズームレンズで、この手のレンズは誰しも1本は所有するものだと思います。とりあえず便利で万能です。24-85㎜を辞めたのは、やはり120㎜まであることの利便性ですね。
③35㎜ は標準単焦点レンズです。明るく写りのいい単焦点レンズは1本は持っておくべきです。劇的に画質が変わります。人により28㎜や50㎜が標準という方もいますが、子供を中心に室内で撮影する場合、自分にとって35㎜が最も扱いやすいちょうどいい焦点距離でした。
④85㎜ は中望遠単焦点レンズです。室内ではやや微妙になりますが、屋外で子供を撮影するのにはとても使いやすい焦点距離になります。35㎜と85㎜の距離の空き方も、レンズの使い分けがしやすいと思います。さらにF1.4 のボケは素晴らしいと思います。
⑤105㎜ はマイクロ(マクロ)レンズです。手振れ補正も付いており、写りも間違いないです。やはり屋外で子供を撮るのに使えますが、85㎜ほど万能ではありません。ある程度割り切った撮影が必要です。焦点距離的に何でも撮れるって感じではありません。また、私は子どもしか撮らないので、マイクロの良さを生かせておらず、当レンズの良さを半分も理解できていないと思います。ただ、写りは劇的に良いんですよね~。ということもあり、このレンズの処遇を検討中です。

あと、なぜすべてニコンかというところもちょっとこだわりがありまして、これまで多くのシグマレンズなどを使用してきたさなか、ふとニコン18-70㎜を手にした時です。オートフォーカスの感じが全然違うと衝撃を感じた経験からくるものです。やはり、動き物を撮るのであれば純正に限ると思いました。写りはシグマやタムロンでも全く問題無いんですが。

次に欲しいなーと思ってヤフオクなどをチェックしているのは、望遠レンズです。
二コン AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
などです。
ただ、望遠を使う用途がないという、なんともかんともなんですが...(運動会やお遊戯会等はビデオカメラで撮っています。)

振り返ってみる~一眼レフカメラ [カメラ]

これまで所有してきた一眼レフカメラを振り返ってみました。
ちなみに前回も書きましたが、一眼レフを使い始めたのは2011年からです。
ミラーレスは購入したことがありません。

ニコン D70  中古をいただく(2011年)→売却
ニコン D5100 新品購入(2012年)→売却
ニコン D5300 中古購入(2014年)→売却
ニコン D7100 中古購入(2015年)→売却
ニコン D600  中古購入(2016年)→現在使用中
富士フイルム FinePix S5 Pro 中古購入(2017年)→現在使用中

D5300以降はヤフオクで中古を購入し、前の機種を売却して入れ替えることが多いです。
しかし、こうやって書き出してみると、ほぼ毎年買い替えていたんだなーと今更ながら気づきました。
ただ、かなりのお買い得な価格でしか入札していないため、それで落札できたものなので、実際はあまりマイナスは出ていません。

P1010467-2.jpg
今は初めて一眼レフを2台持ちしています。

最近S5PROを購入したことが原因ですが、このカメラは完全に遊び用です。絶対確実に間違いなく写真を残したい場合は使えません。D600と比べて欠点が多いためです。当然です。発売に5年の差があります。

欠点は、
古い(2007年発売、D600は2012年)
画素数が少ない。(実質600万画素? D600は2400万画素)
高感度が弱い。(せいぜいISO800まで D600はISO3200までいける)
フォーカスポイントが少ない。(11点 D600は39点)
連写が出来ない。
液晶が小さく汚い。
多少重くでかい。
APS-Cである。(D600はFXフルサイズ)
SDカードで無く、コンパクトフラッシュである。

ただ、
ニコンFマウントのレンズが使える。(D600と共有)
JPEGで撮っても結構いい感じに撮れる。(D600はRAWで撮っている)
高級感がある。
APS-Cなので同じレンズが1.5倍の焦点距離で楽しめる。
あと巷でよく言われるのは、富士フイルムならではの「色」がいいらしい?

などから、完全な別もん(ただしレンズ有効活用)として差別化できていると思います。単なる劣化版ではないといいますか。


それはそうとS5PROはおいといて、D600に行き着いたポイントは、
①フルサイズの高感度耐性
②広角レンズ(特に単焦点)が充実
③ぼけがいい
④フルサイズで最も安価でありながら、今現時点でも十分な性能。特に買い替えたいと思わない。
⑤D7100と比べても小型で重たくない。

ということで、D600でとりあえず安定しています。他の新しいカメラが気にならなくなりました。
その上、D600はローパスフィルター清掃が永久無料というおまけもあって、長く使えそうです。とっても綺麗だし、しっかりオートフォーカスも合います。

まあ一般的には、買えるならD600よりもD750をお勧めしますし、S5PROはお勧めしませんが...

こうして僕はカメラにのめりこむ [カメラ]

私がカメラに嵌るきっかけは、2011年の長男誕生時にいただいた中古の一眼レフ「ニコンD70」でした。
ただ、実際ほとんどD70で撮ることはなく、ソニーのコンデジHX9Vで撮影をしていました。

ちなみに、HX9Vは購入してとてもよかったと思えるカメラでした。
写真は普通に綺麗な感じですが、安かった割に(2万円台)、動画がとても綺麗で、小さい頃の動く子供たちやその声をとても鮮明に残すことが出来ました。
幼稚園に入りビデオカメラを購入するまで、ビデオカメラを必要としなかったのは、このカメラがあったからに他ならないです。

子どもの記録について、写真か動画の2択なら絶対動画で残すべきです。
DSCF0371-3.jpg

写真の話に戻りますが、子供が誕生してから1年ちょっと経った2012年の年の瀬のある日、ニコンD5100がネットで底値なのを目にしました。そこで思い切っちゃって、さらについでにスピードライトと35mm単焦点もネットの教え通り購入してみました。
当時の記憶は無いですが、多分最新の機材に何かしらの期待感を持っていたんだと思います。

そして、どうでしょう。とってもきれいに撮れたんですね。
その頃はちょっと一眼レフにやる気も出てきたこともあって、ネットとかで読み漁った知識が追い風となったのもあるんでしょうが。

やはり一眼レフは違うなーと思ったかどうかは定かではないが、その頃からずぶずぶと嵌っていったのでした。


ちなみに最初にもらった機種がニコンだったということだけで、私はこれまでずっとニコンの一眼レフ一筋に来ています。
特に後悔も無いですが、最初に何もない状態から、ニコン?キヤノン?ペンタックス?はたまたミラーレスでソニー、パナソニック、オリンパス、富士フイルム!?なんて中から最初のカメラを選ぼうなんてのは、とっても大変な作業だと思いますね。みなさんはどうやって選んでいるんだろうか。

見た目、大きさ、値段、当然写りもだけど。
本当は、目的に合わせて機種を選ぶのが一番大事なんですが、それはなかなか最初は難しいですよね。

個人的には一眼レフなら、ニコンかキヤノンならどっちでも間違いないような気がします。でも普通はキヤノンなんだろうなーとは薄々ながら思っています。
ミラーレスなら個人的な好みで富士フイルムあたりが見た目・写りがいいが、でかいし高いし遅そうなので、小型のオリンパスかパナもいい気がしますね。

ニコンのいいところは、レンズが純正、他社製含めとても豊富で、値段もピンキリ、中古まで見渡せば、自分に合った予算でカメラやレンズ、撮影を楽しむことが出来る点だと思います。

私自身この楽しさを存分に味わってきたというのを、次回以降は紹介していきたいと思います。

はじめまして。カメラが大好きです。 [その他]

はじめまして。
カメラが大好きなとある父親です。
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログタイトルにある通り息子が2人、この4月で幼稚園の年長、年小になるやんちゃな男の子たちです。

カメラが大好きなのに、これまで吐き出し口が無かったため、このブログの中でつらつらと思っていることを綴っていきたいなーと思っています。

基本的に私の自己満足であり、誰かの役に立つものとは思えませんが、同じような環境の人にとってのお気楽な読み物になれば幸いです。

ちなみにブログ背景にもあるとおり、コーヒーも大好きです。

ではでは、どうぞよろしくお願いいたします。
- | 次の10件