So-net無料ブログ作成

DX用レンズをFXで使うのって [カメラ]

先日からのD810の件からちょっと思ったことがありました。

DXレンズをFXで使う際に、本当にカメラ機能にあるDXクロップをしないといけないのか?ということ。
まんまで撮っといて、けられた部分を後からトリミングすれば最小限のクロップで行けるんじゃないかと。

D600は約2400万画素で、DXクロップ(×1.5)だと約1000万画素となりやや厳しい画素数となります。しかしこれが×1.2くらいでもまあまあ使えるならば1600万画素で使える事となります。

×1.2なら、70-300mmが84-360mmといったまあまあの望遠レンズとして使えます。

9999.jpg
D600+AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRでちょっと試してみました。
ファインダーに表示されるDX枠よりだいぶ外側にケラレがあります。
焦点距離によりけられの大きさが変わりますが、厳密には減光しているかもしれないけど一見大丈夫かなーなところをトリミングしてみたとこと、約1800万画素程度でまでのトリミングで使えました。
なので、70-300mmで1600万画素までのトリミングを絡めると、80-360mmくらいのレンズとして使えそうですね。

ここまで考えてみたものの、まあこんな使い方はしないかなと思いましたが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

D810が気になるのには理由がある [カメラ]

最近ニコンからD850が発表されましたね。

とっても性能がよさそう。
特にD810と比較して、良さそうだなーと個人的にそそった感じたポイントは...

①背面液晶の高画素化(122.9万から235.9万へ)とタッチパネル
②AF性能が向上(最新のD5譲り)
③ファインダーが大きく(0.7倍から0.75倍へ)

ちょっとなーは

①重さアップ(880gから915gへ)
②内臓フラッシュが無くなった
③チルトは要らない
④XQDカードはちょっと嫌(CFカードなら持っている)

なにはともあれ、35万円なんてとても趣味の範疇を超えています!


なので、なんだか旧機種のD810が少し気になってきました。
中古なら現実的な15万円程度から。
といっても高いことは高い。私のこれまでのカメラ予算の範疇は軽く超えてきています。今所有の機種2台の購入額を足しても15万円は超えてません。
11111.jpg
しかし、ちょっと考えてみると、私の所有するD600とD7200をD810の1台に集約出来るとするならば、そんなに大幅な出費にはならないのではないかと思い始めました。当然それで高性能な新しめの機種が手に入るわけですし、一考の余地あり。

どういうことかというと、
D600は約2400万画素、D7200も約2400万画素ですが、
D810は約3600万画素の高画素なので、DXクロップしても約1500万画素。結構十分な画素数で使えます。1500万画素で良ければ小型軽量のDXレンズで望遠を伸ばすことが出来るんです。
D4S、Df、D7000などは、約1600万画素ですから十分でしょう。
最新のD5、D500なんかでも、約2000万画素ですしね。
ましてや、基本L版印刷、せいぜいノートパソコンで見るくらいです。

また、私は基本的にほとんどの撮影にはFXのD600を用いており、D7200を使用するのはある程度軽量な範囲内で望遠をどうしても伸ばしたい時と気分転換だけなんです。実質、D7200はめったに使わない望遠用なんです。


D810はカタログスペック上、とても重く大きく見えますが、店で触った感じはそんなに気になりませんでした...
個人的にFX(D600、D750、D810)はどれも感覚的にはそんなに変わらないかな。レンズの重さの方がよっぽど気になります。D5600とかまでいけば、劇的な違いを感じますが。


まあ、ゆっくりとヤフオクやらを眺めながら、当面はD600とD7200を愛でつつ今後について考えていきたいと思います。正直、これらカメラ達の性能には、全く古さを感じてませんし。

なので、7割がた物欲ですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ニコンからこんな望遠ズームレンズが出たら買う [カメラ]

最近タムロンの18-400mmで400mmがぐっと身近になり、今後のスタンダードになってくるのかなという気がしています。
またニコンはDX70-300mmにおいてAF-Pによる小型爆速安価というものを提案しました。DX10-20mmもその路線ですね。

ということでこの2要素を合わせてこんなレンズ、ニコンから出してはくれないだろうかという妄想なんですが。
AF-P DX NIKKOR 55-400mm f/4.5-6.3G ED VR 560g
せめて
AF-P DX NIKKOR 70-400mm f/4.5-6.3G ED VR 490g
※ちなみに参考
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 415g
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 530g


やはり広角は出来れば55mm(換算82.5mm)で始まって欲しい。
望遠は400mm(換算600mm)までいってしまえば、もう何もいらない。
対象が子供なので、出来る限り広角から望遠端600mmまであれば、そしてそれなりに小型軽量であればそれで十分なのです。



これはDX専用でしか実現不可能なもの。小型、軽量、安価。DXの生きる道としても是非ともこのようのレンズを発売してください、ニコン様。
7777.jpg

追伸:AF-P DX NIKKOR 18-400mm f/3.5-6.3G VR 630g 
   AF-P DX NIKKOR 18-360mm f/3.5-6.3G VR 590g でも構いません◎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベストな標準ズームレンズを求めて [カメラ]

標準ズームとは、広角が24mm~28mm、テレ端が70~120mm程度の一番日常的によく使う範囲をカバーしたレンズのことです。
キットレンズにもなっていますし、誰しも必ず1本は持っているカテゴリのレンズだと思います。
それだけに種類も様々、値段もピンキリというわけで、その中でも今少しだけ気になっているレンズ達があります。

ちなみに今所有する標準ズームは、
ニコンのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR<710g 103.5mm>
所謂フルサイズ用のキットレンズです。

そして今気になっているのは、24-70mm f/2.8というタイプです。

①ニコンのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED<900g 133mm>
②タムロンのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007) <825g 108.5mm>
もしくは
③タムロンのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)<900g 108.5mm>
なお、ニコンの新型(f/2.8E)は大きすぎ高価すぎなので除外です。

それぞれの所感ですが、
①のニコンは手ぶれ補正が無いが、全てがしっかりとした造り、そして抜群の写り、爆速AFらしい。私は経験上、何より純正のAF精度については信頼している。しかし、長い!望遠か?というほどの長身。たったの70mmなのに...

②③のタムロンは、③が新型で多少の性能アップと劇的なデザイン性アップを果たし、引き換えに多少重くなった感じ。
両方とも手ぶれ補正が付いてるのにとてもコンパクトなのがいい。安いのも。
ただ、タムロンというとこに不安も。特にAF精度。②の安さなら魅力も感じるがデザインが安っぽいし...(実際安いけど)

66.jpg
長さのイメージ。
6666.jpg
24-70mm f/2.8Gの最短時の長さ(133mm)まで、24-120mmを伸ばしてみた時のイメージ。
やはりだいぶん長いですね。ちょっとした望遠。ここからさらに24-70mmは伸びますからね...(70-200mmは伸びません)


まあそもそも24-120mmを24-70mmに置き換えるべきかという悩み。
安くて小型、軽量なのに、とても便利な120mm。DXで使えば36-180mmというのもいい!

ただ、70mmと120mmの差は何とかなるかも。
f2.8とf4の使い勝手は大きく違うんじゃないか。
ニコンのf2.8とf4については画質がだいぶ違うらしく。


●勝手なイメージ●
写り   2.8G>タムロン>4G
AF速度  2.8G>タムロン>4G
AF精度  2.8G>4G>タムロン
便利さ  4G>タムロン>2.8G
携帯性  4G>タムロン>2.8G
  

ベストな標準ズームレンズの選択については、まだまだ悩むところです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFを再購入 [カメラ]

先日、Ai AF Nikkor 85mm f/1.4D IFを再購入しました。
そして代わりに、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gを手放しました。
4444.jpg
85mmについては、
85mm f/1.4D(1回目)→85mm f/1.8G→85mm f/1.4D(2回目)
という遍歴となりました。

f/1.4Dを2度購入しています。
以前から色々考えてきたんですが、この辺の単焦点レンズはDタイプでもいいんじゃないかという自分なりの結論に従った結果です。
→「AI AF Nikkor 35mm f/2Dを再購入」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-07-29

ちなみに今回再購入にあたって、当然すでに中古しかないわけですが、40万番台にアップグレード?となりました(以前のは20万番台でした)。これは2006年発売以降のタイプで、噂ではコーティングが変更され、逆光に強くなっているとか(10番マーク付きです)。信じるか信じないかは...

なぜ買いなおしたのか。
単純に1.8Gの画が面白く無かった、退屈だったためです。
普通に綺麗が画が撮れました。軽くて、AFも静かでした。
でもなんか物足りなく感じ、以前のf/1.4Dの画が忘れられませんでした。

素人が何言ってんだかって思われても仕方ないんですが、自分の感覚的になんだか雰囲気のある、味のある、色味のある、決して解像度がどうとかいう物差しでは測れないものを感じ、それが好きだったんです。

35mm f/2Dの時とほぼ同じ文章になるのでこれ以上は省略しますが、購入してとても満足しています。
6666.jpg
そうそう、このレンズについては、レンズ自体の造りがとてもしっかりしていて、これは現行のどのレンズよりも上質だと思います(現行の超高級レンズは除きます。触ったことも見たこともないので...)

以前手放してからも、実はずっと気になっていたので、再入手出来てとても満足しています。こんな高級レンズは今後もう購入できないと思いますし、ずっと大事にしていこうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子供撮りとマクロレンズ [カメラ]

私はマクロ撮影をほぼしません。
今現在、マクロ撮影をするとしたら、このブログ用写真撮影くらいです。
なお、このブログについては、ほぼ一貫してコンデジのTX1を使用しています。

なのに、いつも頭の片隅にマクロレンズが1本欲しいなーとの思いが...

これまでには、
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED(425g)
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED(750g)
というマクロ(マイクロ)レンズを所有していましたが、全て手放しました。
理由は簡単、マクロ撮影をしないから。

ほんと両レンズともとってもとっても写りがよかった(特に105mm)のですが、マクロ撮影をしないのに非常に重く大きい単焦点レンズという立ち位置が、個人的にちょっと辛かったのです。
なお、焦点距離的に、60mmは50mm単焦点で軽く明るく安いレンズが色々あるし、105mmは85mm単焦点がほぼ同じような用途でより汎用的に使え、さらに軽く明るく安く手に入るといった点も手放した理由の一つです。

しかし、周期的にマクロレンズが欲しくなるのは悪い癖で。
特に60mm(105mmは大きさ的にNG)。
マクロを使わなくても、他にいい点がいくつもあるんです。
①AFが速い(リング型swm)
②開放からくっきり(f2.8から使える)
③そこそこ小型軽量(といっても単焦点としては大型かつやや重)
④この値段でナノクリ
⑤FXなら標準、DXならちょうどいいマクロといった汎用性

そして、今なら史上最安値の45,000円!!!!!! ←これ
これが背中を強烈に押してくるのです。


ただ、冷静に冷静に。
私は50mm f/1.4Dを持っていますし、それすらそんなに多用しないんです。そうなんです。
それに、やはりどう考えても、以前もマクロ撮影なんか殆どしなかったんです。
今後も子供撮り中心の自分が、マクロレンズを使うシーンが想像できないんです。

レンズとしてはとっても欲しいけど、用途が無ければ宝の持ち腐れ、本末転倒、これぞレンズ沼ですよね。


実際のところ、主に幼稚園児から小学生くらいの子供が撮影対象の方にとって、マクロも撮れる標準域単焦点レンズってどれだけ使いでがあるものなんでしょうか?


しかし、しかし、この最安値...気になって仕方ない!!!発売からもうじき10年、近いうちにAF-PとVR搭載の後継機が出るということなのかな。でも欲しいな~。
5555.jpg
※LUMIX DMC-TX1でマクロ撮影(手持ち)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

35mmレンズ比較 [カメラ]

素人なりにレンズの写りの比較をしてみました。
なぜこんなことをしたかというと、本当に最新のレンズの方が圧倒的にいいのかという疑問が、ずんずん膨らんできたためです。

レンズの比較と言いつつ、その比較をした画像は掲載しないという当ブログの独自性を押し出しつつ進めていきたいと思います。(いやただ掲載しても縮小サイズになるので...)

D600を三脚に固定しライブビュー撮影。
AF-S マニュアルモード SS1/30 ISOオート 
室内で物撮り みたいな条件で。

あくまで35mmの両レンズを比較することが目的でやりました。
人物撮影専門なので、主に中心付近の画像を重視していた感想です。
また、今回はボケについてはあまり感知せず、しっかり写っているかを確認しました。

ちなみにどの作例も、等倍にしない限り、似たり寄ったり、どれも私の許容範囲のいい写りをしていたことを添えておきます。


まず
①Ai AF Nikkor 35mm f/2D と ②AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED を f2で比較すると...
②の方がしっかり写っていました。f/2Dの方はちょっと甘い感じです。


③Ai AF Nikkor 35mm f/2D と ④AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED と ⑤AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(35mm) を f4で比較すると...
③>④≒⑤という感じ。35mm f/2Dがいちばんかっちり写っていました。f/1.8Gよりは確実に良かった。そして24-120mmも悪くなかったです。

ここまでの結果、35mmについては、開放付近は最新の35mm f/1.8G EDが良いけど、2段絞れば他のレンズの方がいいと感じました。となるとf/2.8くらいが気になりますが...


ついでに、⑥Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D と ⑦AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR を 50mmf4で比較。
⑥の方が写りが良いです。そりゃ3段くらい絞った単焦点レンズと開放絞りのズームレンズですから。とはいえ、24-120mmもそれほど負けていませんでした。


最後に⑧AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G と ⑨AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR と ⑩AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR を 85mmf4で比較
⑧≒⑩>⑨ かな?
85m f/1.8Gと70-200mm f/4Gが2段ちょっと絞りと開放の比較なのにほとんど差が無いような...
⑨はやや甘い感じかな。
でも正直これじゃー単焦点の立場がないような...重さが半分以下という利点と開放の明るさは当然ズームに無い利点ですが。


ということで、単焦点については、最新Gも旧型Dもそれぞれの持ち味があるというところ。
小三元クラスのズームレンズは新しめの単焦点にも負けていない。

なので、写りで選ぶのではなく、
単焦点は、小型軽量明るさ(ぼけ)で生きていく。
ズームは、手振れ補正と便利さで生きていく。
そんなすみ分けかなという自分なりの結論。


まとめとしては、しっかりある程度絞って撮る場合(記念写真やイベント写真)については、ズームの利便性や手振れ補正から考えてズームレンズで問題ない。無理に単焦点を使ってもそれほど写りに差が出るものでもなく、その代償として撮影機会の喪失の方がデメリットが大きいと思われます。
単焦点レンズは、あくまで趣味のレンズかなと。ぼかしてなんぼ。f4以下での使用をしてなんぼですかね。それに、やはり明るいレンズを絞りを開いて撮影した時、ばっちり来た時のなんとも言えない写りは、単焦点ならでは、ズームには到底出来ない芸当だと思いますし。


自分なりに少し収穫のあったレンズ比較でした。以上。
111115.jpg
D600 35mm f/2D f8 ISO800 1/100 手持ち・フラッシュ有・トリミング有
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子供連れ家族旅行に最適な便利カメラ・レンズの答え [カメラ]

子供との家族旅行に最適な撮影機材、それがこの度、パナソニックのLUMIX DMC-TX1に決まりました。私が選びました。
66665.jpg

最近子供と家族旅行に行った経験から、この結論に達したものです。
ちなみに旅行は自家用車移動で、TX-1の他にD600と24-120mmズーム及び85mm単焦点を持っていきました。

その選考理由ですが、
①小型軽量。
乗り物に乗っても、アトラクションに参加してても、肌身離さず身につけていながらにして動きの邪魔にならないのはコンデジならでは。一眼レフを掛けていたら、あんなアトラクションや、あんな遊びやなんかも目一杯楽しめなかったと思います。何より一日掛け続けると疲れますよね。急な雨などでも、コンデジならさっと隠すことだってできます。とにかく、このサイズ、TX1がぎりぎりのサイズ感じゃないでしょうか。
②25mm~250mmという画角が最適。
ちょっと広角目からちょっと望遠目までがこれ1台。これだけあれば旅行における90%の状況に対応出来ます。ちょっと離れた位置から子供を撮る場合には、やはり最低でも換算180mmくらいは欲しい。向かい合った座席とかでは換算25mmが助かります。マクロも行けるし。
③万が一な時でも動画が撮れる。4Kで。
例えば急にイルカショーに子供が指名されたとしても、ビデオ撮影出来るといった臨機応変な対応が可能。ビデオカメラを常に持ち歩くなんてのはナンセンスです。むしろこれで充分以上。
④暗いシーンはiPhoneで対応すれば、隙なし。
このカメラの欠点は、レンズの暗さ、高感度の弱さです。暗いところでの撮影能力には期待をしない方がいいですね。素直にiPhoneに任せるとよいでしょう。

画質は一眼レフと較べると圧倒的に落ちますが、シーン対応能力はなかなか。様々な状況においてもとにかくシームレスに撮れること、撮れる体制にあること、撮ることだけが目的じゃなくても備えている事が苦痛にならないこと。

ということで、換算24-70mmの明るいレンズのコンデジよりも、換算27-450mmの高倍率ズームを付けた一眼レフよりも、換算25-250mmのTX1が丁度いいと思います。
同じようなカテゴリのコンデジは今のところ無いですよね。
敢えて言うなら、海や川でも使える防水コンデジがサブで欲しいかな。でも、それだって防水スマホを持っていれば不要ですが...

ちなみに、旅行とかの時は、Custom SLRのC-Loop miniとアルティザン&アーティストのACAM-E25のセットを三脚穴に取り付けて、たすき掛けしています。これがとてもいい塩梅です。普段は取り外しておけますし、とても便利です。

AI AF Nikkor 35mm f/2Dを再購入 [カメラ]

AI AF Nikkor 35mm f/2Dを再購入しました。
11521.jpg
これで35mmについては、
DX35mm f1.8G→35mm f/2D(1回目)→35mm f/1.8G ED→35mm f/2D(2回目)
という遍歴となりました。

f/2Dを2度購入しています。
以前から色々考えてきたんですが、この辺の単焦点レンズはDタイプでもいいんじゃないかという自分なりの結論にいきついたものです。

なぜ買いなおしたのか。具体的な理由としては、1.8Gの画が面白く無かった、退屈だったためです。
普通に綺麗な画が撮れました。AFも静かでした。
でもなんか物足りなく感じ、以前のf/2Dの画が忘れられませんでした。
なんだか雰囲気のある、味のある、色味のある、決して解像度がどうとかいう物差しでは測れない部分で好きだったんですね。
完全な好みの範疇です。ただ、古い単焦点レンズの写りが悪いなんてことはなく、どこまでの写りを求めるかですね。それに私の写真の鑑賞方法はL版に印刷してアルバムにファイリングするものなので、必要十分以上です。むしろ、パソコンでピント位置を拡大して確認してると、ふとここまでして意味があるのかと疑問に感じることもあります。

ということで、私の評価的には
<1.8G>
写り★★★★★
好みの味☆☆☆
<2D>
写り★★★★
好みの味☆☆☆☆☆
ということなんですね。

どちらにしても、今後はもう迷いません。性能では劣っていることを認識した上で、そのモノを選択したのですから。
何よりデザインと大きさと軽さがたまりません。(中古で半値以下という安さも)

※因みにここで「写り」とは一般的に画質評価される、解像度、歪み、滲み、ボケのことで言ってます。

Dタイプ単焦点の画が好き [カメラ]

454545.jpg
Gタイプの方が新しい分、解像度が高かったり、ボケが綺麗に出るように拘っていたり、逆光に強かったり、減光が無かったり、AFが正確だったり、仕様や数値上、そして一つ一つの項目を細かくチェックすると、確実に優れた結果を出しているのだと思うのですが...

誤解を恐れずに言うと、なんかGタイプ単焦点レンズは、とても写りのいいズームレンズという感じがするんです。私は。
最新のズームレンズは高性能になってきており、それと傾向が似ているような気がしてます。

それと比べて、Dタイプ単焦点レンズは、ズームレンズでは出せない画が撮れるような気がするのは気のせいでしょうか。
必ずしも最新のレンズに比べて、一つ一つの項目で優れているとは言えないのに、トータルで出てくる画がいい感じなのです。
色んな物差しで写りの良し悪しを測ると、きっといい数値は出ていないはずなのに。
だから自分はDタイプ単焦点を選んでしまうのです。

Dタイプ、Gタイプにもそれぞれのレンズに個性があって、一緒くたに言えるもんじゃないですけどね。私の経験してきたレンズの範囲内での感想です。


ところで最近、ニコンがミラーレスを開発しているとの噂が。
そのミラーレスが、フルサイズなのかAPS-Cなのか、それ以外なのか、これまでのレンズが使えるのかはまだ分かりませんが、仮にこれまでのレンズが使えるとして、Dタイプレンズがその対象外とならないかというのだけが、少しの心配材料ではあります。
割と最近のニコンは互換性を軽く見ているように見受けられます。それに拘るばかりにこれまでニコンは縛られていたと言える一方、そういった古いレンズでも使えるということもニコンの美点であったとは思うのですが。

ただ、ミラーレスが今年末か来年くらいに出たとして、発売後すぐに購入なんてのは無理だし、影響が出てくるとしても数年後かなと思うので、今から心配することでもないかな?


もとい、Dタイプレンズがめっちゃ気になる今日この頃でした。