So-net無料ブログ作成
検索選択

Dタイプ単焦点の画が好き [カメラ]

454545.jpg
Gタイプの方が新しい分、解像度が高かったり、ボケが綺麗に出るように拘っていたり、逆光に強かったり、減光が無かったり、AFが正確だったり、仕様や数値上、そして一つ一つの項目を細かくチェックすると、確実に優れた結果を出しているのだと思うのですが...

誤解を恐れずに言うと、なんかGタイプ単焦点レンズは、とても写りのいいズームレンズという感じがするんです。私は。
最新のズームレンズは高性能になってきており、それと傾向が似ているような気がしてます。

それと比べて、Dタイプ単焦点レンズは、ズームレンズでは出せない画が撮れるような気がするのは気のせいでしょうか。
必ずしも最新のレンズに比べて、一つ一つの項目で優れているとは言えないのに、トータルで出てくる画がいい感じなのです。
色んな物差しで写りの良し悪しを測ると、きっといい数値は出ていないはずなのに。
だから自分はDタイプ単焦点を選んでしまうのです。

Dタイプ、Gタイプにもそれぞれのレンズに個性があって、一緒くたに言えるもんじゃないですけどね。私の経験してきたレンズの範囲内での感想です。


ところで最近、ニコンがミラーレスを開発しているとの噂が。
そのミラーレスが、フルサイズなのかAPS-Cなのか、それ以外なのか、これまでのレンズが使えるのかはまだ分かりませんが、仮にこれまでのレンズが使えるとして、Dタイプレンズがその対象外とならないかというのだけが、少しの心配材料ではあります。
割と最近のニコンは互換性を軽く見ているように見受けられます。それに拘るばかりにこれまでニコンは縛られていたと言える一方、そういった古いレンズでも使えるということもニコンの美点であったとは思うのですが。

ただ、ミラーレスが今年末か来年くらいに出たとして、発売後すぐに購入なんてのは無理だし、影響が出てくるとしても数年後かなと思うので、今から心配することでもないかな?


もとい、Dタイプレンズがめっちゃ気になる今日この頃でした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0