So-net無料ブログ作成
検索選択

あと2日 [カメラ]

本日メールが来まして、予約していたAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR、無事発売日の6月30日に届きそうな感じです。こうやって発売日をまだかまだかと待つのもなかなか楽しいものですね。

5698.jpg
ところで、このレンズを調べるにつけ、D7200で出来ること出来ないことがあるのが分かりました。
①AFとMFの切り替えは、ボディのセレクターですることが可能。
②VRのON/OFFの切り替えは不可。
D7500なら全ての機能が有効なようですが。
②についてファームアップで対応出来るレベルだと思うんですが、ニコンは対応しないんでしょうな。新しい機種を買ってもらいたいんでしょうね。
この点、富士フイルムやオリンパスは素晴らしいなーと思います。
なので三脚では積極的には使えないですね(三脚時はVR OFFが推奨)。手振れ補正もあるしそもそも風景を撮らないので、まあ私は手持ちで大丈夫ですが...


あと、発売日にレンズを予約購入するのは初めてなのですが、ネット上には不穏な噂もちらほら。
「初期ロット」は不具合が多い、買うな、半年は待て、などの意見。
「初期ロット」とは、発売日に向けて発売日前後に製造された商品のこと。そういう商品は、まだ造り慣れていなかったり、見つかっていない想定外の不具合が出てきたりすると。そしてそういうのは、後のロットでは改善されたりして、熟成されていくみたいですね。
確かに、昔からゲーム機なんかでも初期ロットに不具合が多いという話を聞いたことはあります。
ちょっと不安にもなります。
なんとか問題のないことを祈るしかありません。最悪、ちゃんとしたショップで購入しているし、メーカー保証もあるので問題ないと思うんですが。


そういえば、これまで新品レンズを買うといつも1年以内にはニコンサービスセンターに行って点検をしてもらっていました。安心できますからね。
今までは基本見てもらったりするだけなら保証期間外でも無料だったんですが、今年初めくらいからそれも含め諸々有料になったみたいですね。ニコンも厳しいのか。ちょっと残念です。シグマはピント調整ずっと無料なのになー。
これからは、よっぽと異常が見られた時だけ行く感じになりますね。ますますニコンの社員さんとは疎遠になってしまいますね。
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/maintenance.html


とりあえず、ゆがみ補正のファームウェアについてはアップされていたので、D7200もファームアップしときます。恐らく10-20mmについて対応されたものと思われます。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/download/fw/240.html

→「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRを予約した」
http://musuko2camera.blog.so-net.ne.jp/2017-06-25

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0