So-net無料ブログ作成
検索選択

三脚と一脚と自立式一脚 ③自立式一脚 [カメラ]

最後に自立式一脚です。

自立式一脚というのは、一脚の先っぽが小型三脚というものです。
私は、SLIK スタンドカーボン 604Sを使っています。雲台はSBH-100N。
DSC_9707-2.jpg
要は一脚と三脚のいいとこどったけど、どっちも微妙。ただし、使いようによってはなかなか侮れないアイテムといったところです。

三脚のように手を放しても大丈夫っちゃあ大丈夫ですが、重い機材や長いレンズは無理ですし、地面が悪い時や風が強い時は厳しいです。支えておかないとぶれますしね。数秒手を放すことも可能程度で、基本的には支えておく必要があると思った方が安全です。

一脚ほど小型にならいないし、とっさの時に三脚部分が邪魔になることがあります。

ただ、やはり、そこそこコンパクトかつ軽量なので、三脚が立てにくい場所であったり、手振れが気になる場面、長時間ビデオ撮影の場面などではこの自立式一脚は便利だと思います。

自分は同じ位置から長時間ビデオカメラ撮影する際には、基本的にこの自立式一脚を使っています。幼稚園行事など三脚が使いにくかったり、大げさで恥ずかしかったりする時に使用しています。
DSC_9706-2.jpg

なお、ビデオカメラ用に、
Velbon フリュード雲台 FHD-43M というビデオ雲台を使用しています。
DSC_9713-2.jpg
ビデオを左右や上下に振る際に、自由雲台よりスムーズにいけます。ビデオカメラ撮影に最適です。
この雲台はとても小型軽量さで選びました。まあ最低限の効果を得ることはできますが、やや思っていたほど動きはスムーズではないかな。無いよりは絶対いいと思いますが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0