So-net無料ブログ作成
検索選択

メインカメラ D600 * サブカメラ S5Pro [カメラ]

今、サブカメラなるものを所有しています。

サブカメラとは、メインカメラではないカメラ。
メインカメラとは、最も信頼をおくカメラのこと。
子どもの成長記録や記念撮影は失敗出来ない、出来るだけきれいに確実に撮りたいので、最善の選択をしたいもので、そういう場合はメインカメラで撮影します。

やはりデジタルカメラは日進月歩、新しいカメラほど、基本的には性能がどんどん上がり、操作性も良くなってくるものだと思います。
私は、色々さまよった末、最も安価ながらもフルサイズ(FX)のカメラ、ニコンD600をメインカメラとしています。
2012年の発売と5年近く前の機種ながらも、さすがにフルサイズ。もうパパカメラマンにとってはこれ以上の性能は必要ないんじゃないかと感じるほどの高性能です。不満点は些細なものしかありません。
この領域に踏み込んでしまうと、いくらDXのカメラに新機種が出ても気にならなくなりましたし、FXの新機種は高価すぎてもはや手が出ません。そういった意味でも最高のコストパフォーマンスを持ったカメラです。ちなみに私はヤフオクの中古を格安で入手しました。


そんな中、先日初めてサブカメラなるものを入手しました。
それが富士フイルムのFinePix S5Proなるカメラです。

なぜこのカメラを選んだのか。
それは、まず基本的にサブカメラなるものを、私は必要としていなかったということです。
恐らく普通2台持ちする理由は(コレクター除く)、異なるレンズを付けて2台持ち歩き、レンズ交換の手間・時間を短縮する、であったり、FXとDXの組み合わせにより、レンズを幅広く運用するためであったりするかと思います。要は実用性を求めているわけです。
しかし、私にそんな気はありません。
なので、DXボディやDXレンズにあまりお金をつぎ込みたくは無かったんですが、何だかおさまらない物欲を満たすため、古くて安いカメラを入手してみようと思ったわけです。
新たにレンズを買う金はないので、ニコンFマウント縛りです。

しかし、基本的に古いカメラはメインカメラの劣化版でしかない場合が多く、それではあえて使う理由がないだろうと。
そこで、最新のカメラとの差別化のポイントを探した結果、センサーがCCDであるというのはどうだろうと。
今は見かけないCCDセンサー。CMOSセンサーとは写りが違うらしいぞと。
なおニコンでは、D200、D80、D3000まででCCDは絶えているようでした。

しかし、D40なんか楽しいらしいぞとか調べつつ、なんかそれもなーとかぐじぐじしていると、富士フイルム名義でニコンのレンズを使えるCCDセンサーの一眼レフがあるらしいぞと気づきました。そしてなんだか今でも色味とかについては、侮れないらしいぞと。
なるほど、富士フイルム最後の一眼レフカメラかー、これなら新機種に踊らされることもなくいつまでも最新機種な感じだしいいかもねと思いました。

そして、ヤフオクでゲットしてみたわけです。
DSC_9130--4.jpg

お金はかけたくないので、レンズはフルサイズ用単焦点のみ。
DSC_9126-4.jpg
①AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
換算52.5mmということで、長めの標準レンズという感じです。
屋外で子供を撮る場合に、D600ではいつも85mmを使っていますが、換算52.5mmはそれより少し広角になりますが問題なく使えますし、案外使いやすいと思いました。これがS5Proの常用レンズです。

DSC_9128-4.jpg
②AI AF Nikkor 85mm f/1.4D IF
換算127.5mmということで、かなり長めとなります。
使いずらい焦点距離ですね。ほとんど使いません。

ということで、実質35㎜単焦点一本だけの運用となっています。

でもいいんです。
結構それはそれで楽しいもんで。
ローコストでサブカメラを運用する楽しみは十分味わえます。


私はあまり自由に使えるお金が無いので、色々理屈をつけて損得勘定を強くたたきながらカメラを選んでいますが、当然人それぞれ様々な制約があるわけで、そんな悩んでいる時間も楽しいものでして、本当お金のある人はどんどん最新の機種を使用されたらいいかと思います。
そんな方々が羨ましいです。Dfが欲しいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: