So-net無料ブログ作成
検索選択

振り返ってみる~コンパクトデジカメ [カメラ]

今回はコンパクトデジカメを振り返ってみました。
以前からデジカメは使っていましたが、とりあえず一眼レフを使い始めた2011年頃からとします。

ソニー DSC-HX9V 新品購入→現在使用中
パナソニック DMC-LF1 中古購入→売却
オリンパス STYLUS 1s 中古購入→売却
パナソニック DMC-TX1 新品購入→現在使用中

現在所有はHX9VとTX1ですが、ほぼTX1のみです。
DSCF0375-3.jpg

私はコンデジには一眼レフの補助的役割も求めています。
そのため、いくら画質が良くても、24-70㎜くらいの焦点距離では用を足しません。

基本的に次のような用途も担えるようなカメラを選んでいます。
①広角から標準域のズームを付けた一眼レフカメラの補助→万が一の望遠レンズ替わり
②単焦点レンズを付けた一眼レフカメラの補助→万が一のズームレンズ替わり
③一眼レフカメラを持っていけない時用→小型軽量なカメラ
④ビデオカメラを持っていけない時用→動画機能が優秀なコンパクトカメラ

これら条件を高バランスで満たしてくれるカメラが昨年発売されたので購入しました。
パナソニックのルミックス DMC-TX1です。
・コンパクトカメラとしては最大級の1型センサー
・25㎜~250㎜の高倍率ズーム
・4K動画
・これだけ詰め込んだ上での小型軽量サイズ

私的にはやはり、コンデジは「高倍率」、「小型」、「動画」の3拍子が必要だと思っています。写真や動画の画質は一眼レフやビデオカメラがいいに決まってるので、コンデジには「何でもそこそここなせる便利さ」が最重要でないかと思います。
やや画質とファインダーに不満も無いとは言えませんが、私的にその丁度いいところで必要十分以上なコンパクトカメラがTX1なんです。
これがあるから、一眼レフに超広角レンズや単焦点レンズを付けてお出かけすることにも、臆することが無くなりました。


ちなみに手放したLF1とSTYLUS1sもとてもいいカメラです。
ただ、LF1は写真の写りにやや不満、STYLUS1sはボディサイズと動画性能に不満があったため、買い換えました。
しかし、特にSTYLUS1sについては大きなファインダーや、28-300㎜でF2.8通しのレンズ、ボディデザインなどなかなかのいいカメラだったと思います。でもどうしても動画の弱さに耐えられませんでした。子供を持つ親にとって、動画は重要なんです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0